旭川東高等学校東京同窓会
同窓生からのお知らせ

┃宮沢賢治がサハリンへの旅の途中、旭川に立ち寄った際に詠んだ詩が北海道新聞の記事になりました。

 

宮沢賢治が97年前の1923年(大正12年)8月2日、樺太への旅の途中で旭川に立ち寄った際に詠んだ詩「旭川」と旭川東高校庭にある詩碑(記念碑)が北海道新聞で大きな記事となりました。

 

宮沢賢治が旭川に滞在した時間は7時間でしたが、旭川中学校を含め、旭川の明るく開けた光景に慰められた様子が詩になったようです。

 

『散るぞ悲しき 硫黄島司令官・栗林忠道』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した札幌在住の作家・梯久美子さんが、その著書『サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する』(KADOKAWA 2020年4月刊)の中で、宮沢賢治の旭川滞在について詳しく紹介しています。

 

同窓会会員(15期・朝比奈康博)が、『サガレン』のことを宮沢賢治に詳しい友人から教えられ、記事にして同窓生に広く知らせたいと思い、北海道新聞社旭川支社に取材をしてみてはいかがでしょうか、と提案したことがきっかけになりました。宮沢賢治が旭川に来訪した8月2日の前日となる本年8月1日付で概ねB4判の大きな記事になりました。

 

▶PDF(ここをクリックすると、記事が拡大して読みやすくなります。お試しください。)

▶ HOMEへ戻る

同期会・クラブOB会

■東高5期生年末年始ごあいさつ(2019-2020)

>詳細ページ >PDF

 

■【同窓生からのお知らせ】5期生 遊子「みちのくの旅」を楽しむ

 >詳細ページ >PDF

 

「旭川東高等学校ラグビー部(旭東闘球会)OB・OG懇親会」のお知らせ

>詳細ページ

 

■東高5期生の「傘壽散策」〜台風18号ガチンコ始末記

>詳細ページ

 

 

■東高5期生の傘壽散策

>詳細ページ

 

■東高七期生の元気旅行会は健在です。

>詳細ページ

 

■東高5期生は卒業60周年記念同期会を6月に開催します。

>詳細ページ

 

 

■東高卒業 50年で旭川の同窓会に14期は80名で参加しました。

>詳細ページ

 

■東高15期東京同期会の総会・懇親会が2014年6月16日に盛大に開催されました。

>詳細ページ

 

■東高28期の卒業35周年の同期会が札幌で盛大に開催されました。(2013年11月9日)

>詳細ページ

 

■東高5期生同期会は、2013年10月9~11日に神戸において「喜寿のつどい」を開催しました。

>詳細ページ

 

■旭川東高同窓会入会式が旭川グランドホテルで行われました。(2013年3月1日)

 >詳細ページ

同窓生からのお知らせ

■宮沢賢治がサハリンへの旅の途中、旭川に立ち寄った際に詠んだ詩が北海道新聞の記事になりました。

 >詳細はこちら

 

■『しあわせの地酒』で旭川を応援しよう

>詳細はこちら

 

■文芸部、第19回俳句甲子園に出場決定!!

 >詳細はこちら

 

■東高46期の鈴木聖史です。旭川産映画「ホコリと幻想」が、ついに完成しました!

>詳細はこちら

 

 

投稿について

こちらでは同期会案内・報告、クラブのOB会等の案内、報告、同窓生の活動(コンサート、試合、展覧会の情報)を掲載いたします。掲載希望の方はメールフォームにてお知らせください。

>投稿のページ