旭川東高等学校東京同窓会
総会・懇親会

◎2012年 第49回東京同窓会開催報告

総会のお知らせ

■第55回総会・懇親会は、2018年7月7日(土)に開催されます。

>開催案内

 

■第54回総会・懇親会は、7月8日(土)に開催されました。

 

>詳細ページ

 

日時

2012年7月7日(土)13:30~16:00

 

会場

ホテル ハイアットリージェンシー東京 センチュリールーム

〒160-0023東京都新宿区西新宿2丁目7-2 TEL.03-3348-1234

URL http://www.hyattregencytokyo.com/index_pc.htm

 

テーマ

『 再会 』

 

当番期

東高34期(メイン)・35期(サブ)・44期(サブ)

 

出席者

245名

 

記録写真

 >当日の写真はこちらで見ることが出来ます。

 

開催概要

 第49回旭川東高等学校東京同窓会の総会・懇親会は、7月7日(土)に、昨年度と同じ東京新宿のホテル「ハイアットリージェンシー東京」で開催されました。当日は天候が思わしくない中、約250名(含ご来賓7名)の参加者をもちまして盛会のうちに終了いたしました。

 

 今年のメインテーマは「再会」ということで、企画として、「お世話になった恩師に再会、写真展、「故郷の味に再会、物産展」、「育ててくれた母校・故郷に再会 旭川生中継クイズ」などが行われました。

 

 冒頭の約30分間は総会で、平成23年度会務報告・会計報告が行われ、原案の通り承認されました。ついで、次期会長についてお諮りし、高木 宏明前会長が再任されることとなりました。引き続き行われた懇親会では、先ず4名のご来賓から挨拶を頂戴いたしました。森 徳男先生(旭川東高等学校 校長)、松野 和彦さま(旭川東高等学校同窓会 会長)、田村 康史さま(旭川東高等学校札幌突兀会 会長)、石坂 實さま(母校開校110周年記念事業協賛会 会長)から各方面の概況やトピックをご紹介頂き、参加された同窓生に元気を与えてくださるものでした。また、ご来賓として、糸田敏光 先生(旭川東高等学校同窓会事務局 専務理事)、水野 雅文 先生(旭川東高等学校同窓会事務局 事務局長)、木幡 敏也さま(旭川東高等学校札幌突兀会 顧問)のお三方が遠方よりご出席くださいました。

 

 引き続き懇親会に移り、旭中43期の木幡 功さまの乾杯のご発声で宴が始まりました。しばし自由歓談の後、今回初めての試みとなる旭川駅と東高を結ぶ生中継クイズが行われましたが、幸いにして成功裏に終わり、参加者の注目を集めていたようです。また、旭川方面の名産、北海道の味覚などを販売し、ワゴンによる周回販売も好評でした。

 

 いよいよ校歌斉唱に入ると、先ずは旭川中学・旭川高校卒の大先輩が登壇し力強く歌唱、次いで東高で教鞭をとり音楽部の顧問でもある水野先生(31期)の指揮で音楽部経験者を核にした即成コーラス団が東高校歌を合唱し会場全員も参加して熱唱の渦となりました。また、即興で‘東高応援歌’を歌い、足を踏み鳴らしての盛り上がりを見せました。

 

 最後に、東高1期の白倉 伸也さまが締めのスピーチで、非常に楽しい懇親会であったこと、国難に直面している日本に必要な有能人材育成の重要性を強調され、万歳三唱で幕を閉じました。出席者各位、広告や寄付等にご協力頂いた多数の方々に改めて感謝申し上げます。

 

(当番期幹事)

 

 

 今年も若年層会員が多く出席されたことは心強いトレンドでした。加えて、乳幼児を背負ったご夫人を同伴した会員の出席は本会初の感動的な出来事でした。来年以降も若年会員のみならず、幅広い年齢層の会員ができるだけご家族を連れ添って多数出席されるよう継続的な活性化の努力を期待します。御出席各位、広告や寄付などにご協力頂いた多数の方々に深謝申し上げます。

 

(広報)